読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

twozzymasaの日記

徒然なるままに記す

人生の楽しみ

人間活動の再開

人生は楽しむためにある。そんな単純な こどもじみた いたって短絡的な 生きた方を選んだ。お金は十分に稼いだ。というか使っていない。恋愛、結婚、出産、子育て 住宅購入 子育て資金 ローン返済 小遣い性 僕には皆無なことだ。

 今までも自分のしたいように生き したいことを選び 生きてきた。でも何か楽しめないことが多かった。自分は何がしたかったのか 考えてみることにした。

幼少期の夢

想像するのが好きだった。超合金のおもちゃを持ってアニメの世界を想像し、近くの女の子の家ではキキララの家?だったか 家庭生活を想像していた。

 家のすぐそばの壁に野球のボールの投げて独りで試合をする想像をしていた。独遊びの名人だった。

ボーイスカウト

父がやりたかったと理由を後で聞いたが、小学校2年からボーイススカウトの下部組織カブスカウトに入る。小学校区以外の人と週末 キャンプにいったり ハイキングしたり 冬はスキーにいったりした。夏のキャンプは3泊4日あってこどもだけでテントに泊まり 自炊するのがきつかったけど、山好きやアウトドアが好きになったのはこの時間を過ごしたからかなと思う。

歴史に出会う

大仙公園にある堺市立図書館に兄と母と通っていた。母は兎に角本をよく借りて読んでいた。兄と僕は紙芝居であったり、録音したテープであったり 本はあまり好きではなかった。そこに漫画があることを知り 日本の歴史に出会う。ドラえもんあさりちゃんなどの漫画は小遣いの範囲でしか買うことができなかったけど。学習という名目のものは別会計だったような気がする。織田信長豊臣秀吉野口英世リンカーンなど自伝ものをよく読んだ。大河ドラマで初めてみたのは「黄金の日々」じいちゃんが見ているのをよくわからんとみていた。その後 徳川家康 女太閤記と両親が見ていたのをおもろないなーと見ていた。それが図書館で見ていた漫画であることに気付き 関連書物を読むようになる。独眼竜政宗武田信玄、ドラマと書物を平行して読み 歴史好きに

なっていった。

音楽に出会う

こどもの時は、沢田研二勝手にしやがれを真似したり ピンクレディを歌ったり だた 

歌詞を知りたいというのがありました。音はテレビから聞こえますが 歌詞がわからないから聞いた変な歌詞を歌ってました。巨人の星は 重いコンダラと思ってましたから。ある友人から明星と平凡の付録に歌詞があることを聞き 入院中のじいちゃんにねだったのを覚えています。それから兄が毎月歌謡曲という雑誌を買っているのを見せてもらってました。

 かっこいいなと思ったのはWhamとPOPディオ。マクセルのカセットテープのCMソングになっていて夕方のMTVを録画してみていた。MTVから色々な洋楽を知ることをなった。でもすぐWhamは解散してしまうんです。

 中学の時にサザンやユーミンとかおねちゃんのアルバムを録音したるわという流れで色々聞いたけど Whamほどはまる音楽はなかった。

バンド活動

高校になって尾崎豊にはまってしまった。音楽ではない。歌詞の世界観にだ。男子校、進学校 堺から大阪市内にいくことで これまでの地元の仲間から離れてしまった孤独感が 尾崎豊の世界観とリンクした。尾崎豊を弾くためにギターを買った。でも全然ひけずにいた。中学の友達が僕がギターを買ったことを聞きつける。何故かハードロックのバンドをやることになってしまう。WHITESNAKE やBONJOVIのコピーバンドをした。そのことにより孤独感から解放された。それと並行して尾崎豊を聴かなくなっていった。大学に入り バンドは解散した。大学の音楽サークルに入ったが、なじめず辞めてしまった。でもずっとギターを弾いていた。ギターが弾けるのは他の人との差別化できることだった。練習を重ねて以前ひくことができなかった難しい曲もひくとこができるようになった。自分の存在意義がギターをひくことだった。

音楽で食えたらいい

何でそんなことを思っていたか 考えてみる不思議だ。15歳くらいから5年間ほどそればかりやっていたので食えるかどうかよりも他人より差別化できるものがしたかったのだろう。そんな理由で音楽の仕事を目指すことになる。そして数年後現実となる。自分としてがサクセスストーリーを邁進していたのだろう。

何が楽しかったのだろう

これだ。というのはないが、何かを目標をもってやっているのが楽しかったような気がします。目標は想像する世界 そうこどもの時に独りで壁にボールあてて野球を想像していたように Whamのように音楽の世界観を想像し、尾崎豊になりきり、歴史の世界を夢みて まだ見ぬ自然世界を想像していたのだろう。

 これから想像する世界は何なんだろう。

 

 

 

 

 

空白の20160901~0930 ⑥

f:id:twozzymasa:20170310102853j:plain

阿蘇山へいこう

熊本から東に向かうと阿蘇山がある、中学の修学旅行で行った以来だったが、地震の影

響で入ることが出来なかった。そのまま東に向い竹田市の岡城に向かう。

「荒城の月」滝廉太郎の歌のモデルの城だ。

www.youtube.com

f:id:twozzymasa:20170310103346p:plain

f:id:twozzymasa:20170310103551j:plain

f:id:twozzymasa:20170310103618j:plain

f:id:twozzymasa:20170310103653j:plain

天正14年(1586年)、先に耳川の戦いで敗れ衰退した大友氏を下すべく、薩摩の島津氏が豊後府内に迫る快進撃を見せていた中、岡城のみは志賀親次の指揮のもと再三にわたり島津軍を撃退し、親次はその功績から豊臣秀吉より天正15年正月3日付けの褒状を受けている。難航不落の山城であり、歌のイメージに合う静かな街のシンボルだ。

f:id:twozzymasa:20170310104417j:plain

九重連山を走る。高原の清々しい空気を楽しみながら この日の夜別府から船に乗って大阪に帰る。別府に早くついてしまい、Tさんに教えてもらった泥湯に入った。中は泥湯ではなく 泥池で混浴で若い女性も入っていてびっくりしてしまった。

f:id:twozzymasa:20170310104701j:plain

人間活動の再開

宇多田ヒカルが 歌手活動を中止するとき こんな言葉を使った。15歳から歌手をして人間として経験する色々なことができなかった。何のための人生か。生きることに楽しみを感じるないと意味がない。人生は重荷を背負っていきていかないといけない。本当に徳川家康がいったがわからないらしいですが、そんな人生は意味がない。自分が楽しくないと人を楽しくできない。だからミニストップで苦しんだ。自分は楽しむために仕事をしよう。そんなに稼がなくても生きていける。この5年間でできなかったことをやろう。そう考えた時、人間活動の再開という言葉がピンと来た。

f:id:twozzymasa:20170310105702j:plain

サンフラワーにのって帰ります。サー 人間活動の再開だ!

空白の20160901~0930 ⑤

薩摩の黒板五郎(北の国から

f:id:twozzymasa:20170310081521j:plain

薩摩川内の朝、Tさんの家に寄った。N夫妻や他の仲間への焼酎を持って帰るためだ。

関西人のTさんは、尼崎のライブハウスで今の奥さんと知り合う。奥さんが薩摩川内出身で奥さんとこどもたちと自然豊かなこの街に移ってきた。市内から少し山に入った東郷という町。川内川が流れて集落という感じだ。

 「つじいくん 一緒にきてくれへんか」

 車に乗り 近くのコメリで材料を買った。「夢工房」Tさんは、建築業を自分独りでやっていた。簡単ではなかったという。関西から来た人間なので中々なじめなかったという。しかし、一つ一つ 仕事をやっていく中で人間関係を築き 独立して仕事をするようになったという。

 「でもな 人間関係がしんどいときもあるで」

 町特有の議員さんとの関係、近所付き合い等。

 「自分でやっているから時間のコントロールもできる。仕事量を減らしたら収入減るしけど、食っていけるようになったからええねん。逆にな。仕事やりすぎると他の人の仕事を取ってしまうことになるから このへんが難しいねん」

 この発想に共感できた。コンビニビジネスは 奪い合いだ。市場の原理に任せて淘汰されていく。コンビニ自体も既存のスーパーや百貨店のシェアを奪ってきた。ただ、コンビニはフランチャイズという形態を取り、加盟するオーナーにリスクを負わせ、リスクを分散させる。店舗指導員が必要なのは、オーナーの監視係なのだ。その仕事に就いたとき あたりのキツイオーナーを担当した。4年程だ。深夜でも電話をかけてクレームをいれてくる。今考えれば、彼らは自分の不利な状況のフラストレーションをぶつけていたのだ。最前線の店舗指導員は それを受ける立場だったのだ。

優しい同僚Kさんの話

 ミニストップで仲の好かった60歳のKさん。見た目は強面で仕事をぜんぜんしないという噂で社内であっても挨拶する程度だった。きついオーナーを担当した後、5年前同じチームに異動してきた。噂を聞いていたのでそんなに話をするということはなかった。

 翌年、チームの長が変わり状況は一変し、管理を徹底するようになった。本部としてやることを徹底する。それ以外はない。仕事をぜんぜんしないKさんは、どうなるのだろう。他人ごとのように心配した。しかし、Kさんはうまくすり抜けた。逆に私に矛先がまわった。その後別の店舗指導員も同じことになり チーム内は疲弊していった。

加盟店を監視できない店舗指導員は 悪だ。「おめえのせいで売上が落ちているんだ。やる気がないならやめてくれ」そんな言葉を会議で皆がいるなかで言われたこともあった。

 半年ほど経った。累積の違反があり 免許停止になり 交通機関でも巡回になった。ある店は 山の上にあり 移動するだけで大変になった。言い訳はいけないが、17時半までに全店に電話をして発注数を上げる「2閉め」を強要された。アポが17時にあるので移動しながら電話をしていたのだ。佐川急便の違反が多いのは報道されたが、コンビニの仕事も違反が多いのだ。でも言い訳はいけないと思う。大変のな状況の中、山の上にある店が、文句を言いだした。無理に開発が契約を急いだこの加盟店は、運営能力がなかった。そういった加盟店を多く担当してきたチーム長は、辞めて欲しいとずっと言っていた。言い出した文句の内容が、契約違反に接触する内容であった。

 「辞めさせることができるチャンスだ。同じ考えでいてほしい」そう言われた。その加盟店は 人間的に好きな人であった。彼も自分の不利な立場を知り、文句をいっているだけだった。辞めさせるのはどうか ?私の正義は何か? 心が揺らぎ始めた。しかし、チーム長はやる気であった。

「ICレコーダーをつけてくれ。そしてつじいさんが言った言葉も細かく毎回報告してくれ」

 こころが切れた。僕も信用されていない。嫌そうだろう。僕は監視係が嫌なんだ。

「会社を辞めさせてください」電話で報告した。「やっぱりそうか お前はそんなやつだ。早くやめろよ」チーム長は叱責した。

40歳になっているのでここで辞めれば不利とはわかっていた。ただ、自分の正義に嘘をつけなかった。京都から電車で帰るところ、四条から京都駅まで歩いた。心が壊れそうだったから 歩いて落ち着かせようとしていた。

「おーわしや Kや  どこおんのや おくっていくよ」

七条あたりでKさんから電話が鳴った。恐らくチーム長が腹が立ってKさんに電話したのだろう。

「つじいちゃん。あんたのええところは 情が深いところや。わしは好きや。でもな 利用されんねん。利用されてしんどなんのんつじいちゃんやねん。この仕事は 利用されないようにうまく立ち回るんや。加盟店を助けたらあかんねん。でもな加盟店に嫌われたらあかんねん。難しいけどな。自分を守らないといかんねん。辞めるっていってないやろな。寂しいやんわし。あんたみたいはええ人 がんばっているひと やめたらあかん」

「やめるとか言ってないですよ。でもありがとうございます。Kさんの言っていること当たっていると思います」

電話を切った後、涙が出た。いざというときに助けてくれる人 いるんだ。Kさんは、仕事をしていないのではなく、うまく立ち回っていたんだ。出世はしないけど家族を守るためにバカを演じ、仕事してきたんだ。そして自分のことのように僕を心配してくれた。

少欲知足

5年前、中村敦夫 『簡素なる国』を読んでこの言葉を知った。
時代の閉塞感、いくら仕事をしても お金を稼いでも『幸福感がない』
果てには、身体と精神を病んで死んでしまう人もいる。
『簡素なる国』から抜粋
産業革命から始まった近代は、「無限の経済成長」という旗を掲げ、二〇世紀前半に爆発的な開花を見せました。しかしながら、その原理の致命的な欠陥ゆえに、その後急激な衰退の道を辿り、今や死の淵に追いつめられた。私はこの状況を、人類を閉じ込めている「四面の壁」と表現し、四つのテーマを取り上げて説明しました。...それにしても、この危機からどう説出するか?私の答えは「貪欲と競争」から「少欲知足」への価値観の転換、「グローバリズム」から「ローカリズム」への社会システムの転換です(「始業チャイム」より)。
老子」でも「足るを知る者は富む」とある。
コンビニエンスストアは、売上高を昨年より増やす為に出店を押し進める。
数メートル先にもあるにも関わらず競争の原理だから仕方がない。
貪欲と競争の果てには 勝ったものと負けたものができ、淘汰される。
ミニストップも上位チェーンとの貪欲と競争の果てに淘汰される可能性が高まってきた。
しかし、勝った上位チェーンも新たな貪欲と競争が始まり休むこともない。
足る すなわち 自分がどれだけ必要か知ること を自覚しないと どれだけ増えても満たされない。

フェリーで天草に

Tさんの家を後にして長島に行き、フェリーに乗り天草半島に渡った。中々行くことないと思い 遠回りしたのだ。

f:id:twozzymasa:20170310093520j:plain

f:id:twozzymasa:20170310093723p:plain

自分が目指すのは

  5年前に退職を申し出たが、Kさんの優しい言葉で退職を留まった。「うまく立ち回ろう」そうやってなんとか過ごしてきた。3年後、経営に行き詰まった担当店が売上金をもって逃げた。その責任を負わされ半年間、その店の兼任店長になり、過重労働を強いられた。異動した福井県で直営化が進み、結果過重労働することになった。

 もううまく立ち回ることができなくなってきた。なんでそうなるのだ。やはり加盟店に不利な契約を続けるこのビジネスに無理があり、自分自身その事実に目を背けていい人を続けることができなくなっていた。

 利益を追い続けた先にあるのは、経営破たんしたオーナーであり、その穴埋めをする自分であった。この仕事を続けるには、監視役になり 加盟店がつぶれようとも本部の利益を守り、会社のやることを徹底させることだ。そう思った。

 「儲けすぎてはいけない そうすると 儲けれない人がでる」Tさんの言葉だ。亡くなった父が建設業界にいて 談合は必要と言っていた。そのとき同じことを言っていた。少欲知足でありたい。自分の目指すのはその生き方なんだ。

f:id:twozzymasa:20170310095233j:plain

 

熊本に着いた。昨日飲みすぎたこともあり ホテルに入り10時間ほど眠った。城は地震の影響で入ることができるところが少なかった。

 

空白の20160901~0930 ④

島津発症の地へ

 9月の志布志の朝は、何もなかった。駅に行っても人も少なく 別の世界に来たんだ。そう思った。

志布志城 シラス台地を活かした城にいった。今は学校になっていたが、山と山の間に集落が点在し、谷に道を通して難航不落を思わせた。たいして見るところもなかったので「伊作」へ行こう! 島津発症の地だ。

f:id:twozzymasa:20170302210132j:plain

f:id:twozzymasa:20170302210209j:plain

鎌倉時代
源頼朝より薩摩・大隅・日向の守護職に補任された忠久は、日向の国 島津荘を領したことで島津姓を名乗る。

南北朝時代
鎌倉幕府の力が衰えて倒幕の機運が高まると、1333年(元弘3年、正慶2年)に5代・島津貞久が後醍醐天皇鎌倉幕府討幕運動に参加する。その後北朝についたり、南朝についたり、一族が分裂し分家が薩摩一国に分かれることになる。

室町時代末期
室町時代末期に入ると、領域内各地の国人や他の島津一族による闘争が加速化され、さらに薩摩大隅守護家は衰退する。やがてその島津一族の中から伊作家の伊作忠良と薩州家の島津実久が台頭して他家を圧倒した。

 

f:id:twozzymasa:20170304085853j:plain

島津 忠良(しまづ ただよし)日新斎(じっしんさい)の号で知られる。

伊作忠良ともいわれる。島津4兄弟の祖父当たる。

島津氏の分家・伊作家の出身。父・善久が明応3年(1494年)に馬丁に撲殺され、祖父・久逸も明応9年(1500年)、薩州家の内紛に関与し加世田で戦死したため、母・常盤が一時的に伊作家当主となる。忠良の母も女城主だったんです。

母常盤は、残された忠良に桂庵禅師を師とつけ、『朱子新註四書』や『論語』通じ、賢徳の聞こえが高い人間に育てる。また、忠良は禅を修め、神道の奥儀を究め、儒神仏の三教を融合して、新たに一流を開いた。

未亡人となった常盤は、南の相州家の当主と再婚し、まんまと忠良を相州、伊作の跡継ぎに仕立てた。

相州伊作の領主となった忠良は、島津本家に実子貴久を送り込んだ。この親子が北の薩州島津と争い、薩摩統一に動き出す。

f:id:twozzymasa:20170304091231j:plain

f:id:twozzymasa:20170302211324p:plain

 

島津氏中興の祖は 教育に力を入れた
忠良は人間としての履み行うべき道を教え諭した『いろは歌』の創作でも有名だ。これは日学を広めるために、平易な歌謡によって、その精神をあらわそうとした試みで「いにしへの道を聞きても唱えへてもわが行いにせずばかひなし」に始まる歌であるが、この儒教的な心構えを基礎とした忠良の教育論は、孫の四兄弟・義久、義弘、歳久、家久にまで受け継がれることとなり、その後の薩摩独特の士風と文化の基盤を築いた。いろは歌は後の薩摩藩士の郷中教育の規範となり現代にも大きな影響を与えている。

西郷吉之助や大久保一蔵は、郷中教育、その村で近所の年上の者から町ぐるみの教育を受けた。

抜粋は以下 

武道が第一である。
武士道の本義を油断なく実践せよ
用事で咄(グループ)外の集まりに出ても、用が済めば早く帰れ、長居するな
何事も、グループ内でよく相談の上処理することが肝要である
仲間に無作法など申しかけず、古風を守れ
グループの誰であっても、他所に行って判らぬ点が出た場合には仲間とよく話し合い、落ち度の無いようにすべきである
嘘を言わない事は士道の本意である、その旨をよく守るべし
忠孝の道は大仰にするものではない。その旨心がけるべきであるが、必要なときには後れを取らぬことが武士の本質である
山坂を歩いて体を鍛えよ
髪型や、外見に凝ったりすることが二才(薩摩の若者)なのではない。万事に質実剛健、忠孝の道に背かないことが二才の第一である。この事は部外者には判らぬものである
これらはすべて厳重に守らなくてはならない。背けば二才と呼ぶ資格はなく、軍神にかけ、武運尽き果てることは疑いがない。

負けるな
弱いものいじめをするな
たとえ僅かでも女に接することも、これを口上にのぼらせることも一切許さない
金銭欲・利欲をもっとも卑しむべきこと 

永遠の0

伊作では、何もない山や寺に忠義の痕跡を発見できた。そのときLINE電話がなる。Tさんだ。「どこいるん そんなとこ なにがあんねん そやったら いっちゃんみなみな〇〇温泉 露天風呂で最高やで」

その一言で南にPCXを走らせた。知覧特攻平和会館。ここから多くの若者が特攻に散った。鹿児島にはそういった歴史もあった。

f:id:twozzymasa:20170304092851p:plain

f:id:twozzymasa:20170304092640j:plain

開聞岳だ。日本百名山だ。

f:id:twozzymasa:20170304093057j:plain

f:id:twozzymasa:20170304093222j:plain

Google マップ

↑ ヘルシー温泉玉手箱温泉の地図。海に向かって露天風呂が広がり、開聞岳が西にそびえて最高でした。

薩摩川内の夜 ~Tさんの言葉~

夕方18時に薩摩川内に到着。安い宿は 喫茶店の2階で鍵は ダイヤル式の古いものだった。Tさんは仕事が終わらないらしく、待つことになり 街をぷらぷらする。

商店街は開いている店も少ない。原発の町で敦賀の気比商店街を彷彿させた。Tさんにあったら会社を辞めることどう言おうかな?

19時になってTさんは現れた。そして抱擁したおっさん同士で。「いこ いつもの店で

ええか」「なんや顔まっくろやん」「どのバイクや けっこうでかいな」「ようはしるな」矢継ぎ早にしゃべり店まで私が言葉を発することはなかった。

f:id:twozzymasa:20170304094910j:plain

 

店では 鶏のさしみや さかな 九州の醤油は甘い 薩摩焼酎談義。Tさんは会社を辞める話をさせなかった。そして今Tさんが、数百万の仕事のトラブルを抱えていること、N夫婦の話 震災の話。苦労したこと 娘さんが、鹿児島のテレビにでていること

そして美人であること 残念ながら年の離れた男に持っていかれること 楽しく かなしく 怒って 笑って 私も酔いが深まった。そして旅に思ったことを吐露し始めた

ミニストップで起きた事件のこと、自分がつらかったこと 自分が加盟店に優しすぎるので自分を頼りしんどくなったこと レコード会社を辞めた理由 仕事の目的をうしなったこと Tさんか うんうんと聞いていた。ただ答えは言わなかった。

「つじいくん うたいこや おねーちゃんはおらんけど ええか おばはん ばっかりやで」 ひさびさにスナックいった。若い女のひとはいなかったが、常連さんと盛り上がる店だった。

「つじいくん 実はおれ酒飲まれへんねん。でもここきてのむようになってん。仕事でいろいろ あるけど 俺はな 自分が楽しむために ここにおんねん」

人生は楽しむためにある

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。」

徳川家康の遺言と伝わっている言葉です。自分の人生も周り道をして まよっています。負けることを知りそれを力とし先に進んでいかないといけません。ただ辛いしんどいと自分を責めてばかりでは ポジティブになれない自分がいました。

いい学校にいくため、お金をかせぐため 家族をやしなうため 借金をかえすため 人の役にたつため 理由をさがしていたけど 私はもともと自分が楽しみたいんだ。 ミニストップにいて楽しんでいないんだ。事件後2年間 辞めたらだめだと我慢していたが、自分を楽しもうそう思ったとき 辞めることを決断できた。

薩摩川内の夜は3時まで続いた。ありがとうTさん。

 

 

空白の20160901~0930 ③

島津義弘という漢

義弘という名が有名ですが、1585年まで忠平と名乗っていた。

f:id:twozzymasa:20170226173455j:plain 

関ケ原で動かず、敵の向かって中央突破で退却した島津の退き口で有名だ。また65歳で朝鮮の役で鬼石曼子(オニシーマンズ)と恐れられる戦を繰り広げ 戦上手の武将のイメージがある。しかし知られていない戦がある

義弘が若い時、3000VS300の戦に勝利した木崎原の戦い(きざきばるのたたかい)だ。

このあまり知られていない古戦場に行きたかったのだ。

 

senjp.com

 

f:id:twozzymasa:20170226174600j:plain

f:id:twozzymasa:20170226174651j:plain

f:id:twozzymasa:20170226174945p:plain

私は早朝の霧島連山を抜けて えびの市に向かう。いざ木崎原に!!

薩摩一国を統一した島津氏は北の日向に次男義弘、南の大隅に三男歳久を配置した。日向には伊東氏が占拠。義弘が動かせる兵は300人が限度だった。義弘不在を知った伊東氏は3000人の兵で加久藤城を攻める。

隣の飯野城にいた義弘は数100騎で応援に向かい 50騎ずつ伏兵を配置する。城からの反撃を受けた伊東兵は混乱し 木崎原に逃げ込む。「釣り野伏」この戦法が伊東を壊滅に追い込む。わざと負け 追いかけた先に鉄砲隊が配置されているのだ。一斉射撃で壊滅する。また逃げ込んだ先にも伏兵が配置され死体の山ができる。3000人の伊東は1000人ほど討ち死にする。寡兵をもって大兵に勝つ「島津」の戦だ。

そんな大勝利の余韻を感じて私は南の内城 鹿児島を目指した。内城は島津本家の城であった。義弘の貴久が島津本家の養子に入り 島津統一が開始される。元々薩摩 大隅 日向の三州を領土としていたが、分家に分かれたことで領土を奪われる。分家の伊作島津家に日新斎忠義が生まれる。貴久の父であり、4兄弟の祖父である。日新斎忠義は、策をめぐらせ 本家に実子を養子に送り込む。しかし本家は、伊作家を裏切り北の薩州家と結ぶ。貴久時代にはまだ統一はなされず、その意志は4兄弟に引き継がれる。

内城から北に向かう道沿いには義弘が攻略した城が並んでいた。その城をたどりながら鹿児島に昼ごろに到着した。

f:id:twozzymasa:20170226181141g:plain

f:id:twozzymasa:20170226182050j:plain

内城(鹿児島)の後ろに城山がある。西郷隆盛が討ち死にした山だ。そこから桜島がよく見えた。その風景を眺めているとLINE電話が鳴った。Tさんだ。「いまどこや えーもうついたんか かごしまとまんのか?ラーメンはまずいで。唯一いいのは〇〇や 明日はこれるのか うん ほな 待っているで」人とつながることが有難かった。

何故か 東に向かうことにした。Tさんの「桜島にはフェリーが便利やで」その一言で東に渡った。

f:id:twozzymasa:20170226182658p:plain

f:id:twozzymasa:20170226183115j:plain

500円で15分くらいで渡ることができた。その先は火山灰のシラス台地が広がっていた。兎に角バイクで走ると街中がうんこくさい。田舎特有なのか 匂いになれるのが大変だった。どこかの風景ににているなーと。。 そう 北海道の台地 だだ広い高原。

一泊3500円のペンションを一人貸し切り。この庭を一人しめできた。地元のスーパーで黒豚のみぞ焼き など地元食材を堪能した。ペンションの窓を開ける涼しい風が入り込む。外を眺めると真っ暗な闇。虫の声が聞こえるだけ。つまらない民法の番組を消して風と虫の声と時間の緩やかさを堪能した。「こんなに時間はゆっくり流れるんや」

明日はTさんと会えるなー 「辻井くん 会社やめるんか」聞かれるやろなー

何もしない時間ができると考える悪いくせが出始めた。そして一人旅が 久しぶりなことに気付いた。2012年からN夫妻と一緒に旅行に行くようになった。Nさんを連れ出すことが目的だった。Nさんは同じ歴史好きで萩から長崎 高知に徳島 私の車で旅行してきた。自分がNさんを癒しているつもりであったが、自分が癒されていたことに気付いた。独りは寂しいな。誰かとしゃべりたいな。そんな気持ちがあふれ出た。誰かとつながっていることがどれだけ安心か実感できたのだ。明日は久々に人とごはんが食べることができるな。

f:id:twozzymasa:20170226183443j:plain

f:id:twozzymasa:20170226183515j:plain

空白の20160901~0930 ②

大分は豊後 大友宗麟

 

f:id:twozzymasa:20170226100402j:plain

別府から30分程で大分市内に入った。駅前は賑わっていたが、お目当て大友宗麟だった。「島津」と同様にあまり歴史では主役ではない。九州北部六か国を治めた大大名だが、島津、龍造寺に攻められ最後は秀吉にすがった。発掘中で今後何か出てくれば復元するかもしれない。この場所に着いたときあるLINEグループに投稿した。引っ越ししてしまえやとアドバイスしてくれた友人N夫婦だ。傷病有給休暇ということでFacebookに投稿できず、誰かとつながっていたい そんな思いがあった。そこでN夫婦から鹿児島の薩摩川内に住むTさんに会えやとLINEが入る。後々会社を辞める決断をするのだがTさんと会うことで決心が付くのだが、LINEの返信が嬉しかった。独りが好きなのに独りが寂しい。そんなとき昔はよく電話していた。メールはパソコンでという時代だったので電話で愚痴を言いストレス発散していた。正直大学までストレスを感じたことがなかった。やはり親に守られていたのか友人に恵まれたのか、ストレスを感じたのは前職の時、北海道に転勤してからだ。その北海道でうつ病を発症する。仕事に挫折、失恋、自信家だった私は、砕けていった。そのとき名古屋の同僚の女性と電話で何時間も話をした。きっかけは彼女の恋愛相談だった。いつの間にか逆転し心の支えになった。仕事を失うと人と関わることはなくなる。そんな焦りが生じた。自分は必要のない人間じゃないか また考えすぎる悪い癖だ。考えるのは止めよう。バイクを走らせた。

 

www.blwisdom.com

戸次川の戦い

senjp.com

 

 

 

 

 

f:id:twozzymasa:20170226103235j:plain

センゴクという漫画がある仙石秀久という美濃出身のマイナー武将の目線で信長、秀吉の時代の話を詳しく描かれる。単行本も40冊以上になっている。秀吉の命を受け四国の長曾我部とこの地で南から侵攻する「島津」に備える。手柄をあせった仙石は、動くなという指令を無視して「島津」に大敗する。その情緒に慕っているいるときLINE電話が入る。Tさんだった。「どこや うーん それやったらここええで ようきてくれるなー うれしいわーなんや へこんでるらしいな Nから聞いたわ ええでそんなん だれでもあるわ いつこれんや 薩摩川内に のもうや」久々の関西弁が心にしみた。

 

f:id:twozzymasa:20170226104755p:plain

鹿児島にいつ着けるのか?125CCスクーターPCXは最高速度110キロあまり飛ばさず南下した。途中佐伯により 城を見学。城下町の雰囲気が残っていた

f:id:twozzymasa:20170226105144j:plain

 

f:id:twozzymasa:20170226105049j:plain

耳川(高城)の戦い

「島津」は何度か少数の兵で大軍を破る戦をした。寡兵で敗軍を打つイメージは織田信長桶狭間だろう。信長はそれ以降無理な戦していない。「島津」は関ケ原の退却戦まで少数で戦う強さがあった。島津4兄弟。義久 義弘 歳久 家久。

義久 三州の総大将たるの材徳自ら備わる
雄武英略をもって他に傑出する
歳久 始終の利を察する知計が並なし
軍法戦術に妙を得たり

4兄弟の祖父日新斎忠義から上記のように評された。4万の大軍に攻められた高城に3000の兵で救援に向かう4男家久。その家久が窮地に立たされた時、この戦場に島津4兄弟が揃い「必ず助ける」その思いで大軍を撃破した。詳しくは下記リンクへ

薩摩島津氏-耳川(高城)の合戦-

f:id:twozzymasa:20170226110544j:plain

今は何もない農地であったが、「島津」4兄弟をイメージできた。

もう15時14分。宮崎までかな~ まだ旅館も取っていないけど宮崎に泊まるのはいやだった。理由は、6年前 宿泊したことのない宮崎を来たとき 敢えて城のある延岡に泊まった。当時東国原知事が人気で楽しみに宮崎市内はいると作られたイメージがあった。九州を味わいたいのであれば宮崎市内はだめだ。そこから強行軍にでることにした。

f:id:twozzymasa:20170226111559p:plain

楽天トラベルを確認すると霧島温泉に一泊2500円に温泉宿がある!そこまでいけるんとちゃうか?地図の確認すると山の中何もない温泉宿。途中高原(たかばる)で食料を調達しPCXを飛ばした。たどり着けるのか?このドキドキ感が 悩んでいた自分を忘れさせた。19時 真っ暗な山道をたどるとぽつんと温泉宿を発見できた。風呂に入ると鹿児島弁のおじさんが話しかけてきた。「どこからきたの? おくさんは? 仕事は? なんでここ知ってるの? 」地元の人しか行かない秘湯だったようでもともと山で作業するする村人が入るための温泉を大阪から来た今の主人が買い取り、村人用は継続しつつ 格安で営業している温泉宿だった。まだ9月で暑かったが、高地であるため 窓を閉めないと寒かった。温泉はかなり暑く真っ暗なサウナ的小屋もあり 何よりも地元村人に話かけられるので退屈しなかった。400キロ走った。疲れた。

f:id:twozzymasa:20170226112030j:plain

f:id:twozzymasa:20170226112755j:plain

f:id:twozzymasa:20170226112105j:plain

空白の20160901~0930 ①

 2016年8月31日。小浜のある店のオーナー会うことになっていた。自主閉店していたオーナーに指導するということでMGRと会うことになっていた。そこで予定になく部長が現れた。私を説得するためだ。しかし説得できず翌日から休暇を取ることになった。

私が7月20日に退職を申し出ていたのだ。部長は手続きを取らず引き延ばしていた。

f:id:twozzymasa:20170226172811j:plain

 2週間後、福知山の事務所に行き、部長とMGRと面談。さらに2週間休んで人事部長と面談し 今後のことを話をするということになった。4週間、有給で休めることになったのだ。数年前からコンビニエンスストアかつフランチャイズビジネスに限界を感じていた。我慢さえすればお金はもらえる。無理とわかっていてそんな時期が続いた。人生の目標は何なんだ。くそ真面目な私はよくそのことを考える。考えなくてもいいことを考えるのが悪いくせだ。考えたさき、退職の話をし 現場をボイコットした。部長は懇談する、辞めないで欲しいと。その目的が彼の保身と知りつつ感謝の体を示した。私なりの礼儀だ。ここで彼の言う通りにして会社に残れば 2年前と同じ少し楽な部署に異動になったと思う。彼は近畿なら好きな部署に行かせることができるといっていた。そんな好条件を私は断った。もうお金は要らない。自分の時間が欲しいと。

 翌日大阪に戻り会えなかった友人にあった。どんな気持ちだったのか 安心?安堵?不満、解放 迷い。。。 そう迷っていたと思う。友人は言う。引っ越ししてまえやと。翌日 迷いを断ち切る為に自家用車で敦賀に戻った。何もない部屋の荷物は2時間ほどでパジェロミニに収納された。少しは残っていたが、よくこんな質素な暮らしをしていたと自嘲した。

f:id:twozzymasa:20170226084706j:plain

 

久しぶりに誰もいない実家で過ごすことなる。父が亡くなり9年荷物はそのままでごみ屋敷まではいかないが、引っ越ししたばかりのという部屋だった。

 そしてまた考える人生の目標は何なんだ。私には家族がいない。独りだ。養うべき人守るべきものがない。生前父が、迷ったときお前が大学までは頑張ると言い聞かせたといっていた。私が働く意味は何なんだろう。それなりに理由はもっていた。今会う人に全力でできることをする。社会は支えあいだ。コンビニのアドバイザーとして経営者を儲けさせ、またその店が地域の人の役にたつ。それがいつの間にか経営者が疲弊し、地域にも支持されない店を生み出すようになった。自分の存在意味がない。その思いを吐露したオーナーに何でSAの仕事を続けるのだ言われ答えに窮した。

 時間ができた。何をする。3日前までは寝る間も惜しんで働いていた。考えることはほとんどなかった。逆に考えることは必要でないのかもしれない。そもそも生まれた理由も知らずに生きているのが人間だ。「考える故にわれあり」なんて必要ないのだ。とりあえず動くことにしよう。9年間片づけなかった部屋を無心で片づけた。明日は応接室、その次は和室。毎日パジェロミニにいっぱいの荷物を堺港のごみ焼却場に運んだ。

部屋はきれいになり、また考えることを始めた。

f:id:twozzymasa:20170226172856j:plain

 「九州に行こう」突然タブレットを検索し、九州行きフェリー往復割引を予約した。125㏄スクーターPCXで無心に九州を走ろうと思ったのだ。辞めるべきか、続けるべきか。この旅行で答えが見つける。いや時間を延ばせる。何かをすることをこんなに求めたのはあまりなかった。なぜ九州か?「島津」を知りたかったのだ。「島津」太古の昔隼人と呼ばれた人達が九州の南にいた。その九州南端を鎌倉から幕末まで支配し、倒幕の礎を築いた。しかし、「島津」について多く記された書物は少ない。大河ドラマでも脇役で登場する程度だ。現地にいけば「島津」を知ることができるそう思った。

 船旅は、時間を持て余す。考えないそれがすぐに壊れた。南港で買った弁当はすぐ食べてしまい 部屋で歴史小説を読んだ。

哄う合戦屋 北沢 秋

Amazon CAPTCHA

天文十八年(一五四九年)。甲斐の武田と越後の長尾に挟まれた中信濃土豪が割拠する山峡の名もなき城に、天才軍師・石堂一徹が流れ着いた。一徹に担がれた領主の遠藤吉弘は、急速に勢力を広げる。しかし吉弘が一徹の心の奥底に潜むものに気がついたとき、歯車が狂いだす―乱世を生きる孤高の天才の愛惜を描いた作品。

主人公の天才軍師は、武田との決戦の前に突然軍を解散する。それが結末だ。彼は武田に愛する妻、娘を殺された。その責任を取る形で信頼する家臣を失う。武田侵攻の原因を作った無能な主君村上義弘を見限り、放浪の旅に出る。そこで小領主遠藤氏に仕えることになり、彼の立てる作戦は遠藤氏を大名にのし上がらせた。しかし、遠藤氏や他の小領主それぞれの欲望は、彼を惑わせる。そして一人仏像を掘る。欲望は尽きない。信濃を制する武田もいずれ信長に滅ぼされる。欲の先にあるのは破滅か。天才軍師は軍を解散する。

 別府に早朝到着した。

[http://:title]

 別府は、7年前車で来たことがあった。温泉を巡り湯布院に向かった。今回は125CCスクーターPCXだ。どこまでいけるのだろう。南に向かった。大分豊後の国の国府があった場所だ。どんな旅になるんだろう気持ちがワクワクした。

 

f:id:twozzymasa:20170226083807j:plain